本文へ移動

保守・メンテ

保守・メンテ

電気設備

1級電気工事施工管理技士
電気設備は定期的な検査とメンテナンスが必要です。万が一電気設備で事故が発生すれば、企業活動に大きな影響が出るだけでなく、最悪の場合近隣が停電して大きな保障問題になりかねません。
桧山電業ではお客様の電気設備をカルテとして管理し、経年劣化による電気設備の故障や事故、小動物に関わる事故、人的ミスによる事故を未然に防ぐために点検と啓発を行っています。また、古くなった設備は事前にお知らせし交換をしていただくようにお願いをしています。お客様が安全に、そして安心して使っていただけるような電気設備を守っていきます。

消防設備

万が一の火災発生に対応するため消防設備には法令に定められたは法令があります。また、機器には寿命があり、感知器は10~15年、受信機や発信機は15~20年と言われております。受信機内のバッテリーに関しては2~3年の寿命となっており、バッテリーが壊れていた場合、火災による停電時に発報しない可能性があります。
桧山電業は皆様の命と財産を守るために消防設備の点検とメンテナンスを承っております。また、住宅用の火災警報器やガス感知器の定期的な交換も行っております。

空調設備

現代社会において空調設備は不可欠のものとなっております。より良い職場環境・生活環境を構築するために空調設備の点検とメンテナンスは欠かせません。
桧山電業では空調機の風量測定、各部品の損傷確認、また定期的な清掃も行っています。古くなった空調機は壊れやすいだけでなく、無駄な電力を消費し経費を圧迫しかねません。点検の結果、機器の交換が必要と思われる場合は入れ替えを提案させていただきます。

給排水設備

生活や企業活動において安心して使える水は非常に重要です。また給排水に使われている配管類も寿命があり、見過ごすと最悪の場合、漏水や配管の破裂などの重大な事故につながります。
桧山電業では法令の受水槽清掃や給排水に係る配管のファイバー調査、水質の検査をおこなっています。また、各種ポンプの点検とメンテナンスも実施しており、万が一の断水にならないように設備更新の提案をさせていただきます。
営業時間/8:30~17:30
定休日/日・祝日・第1,3土
0
5
3
6
2
3
TOPへ戻る